より美味しいスムージーを作るための3つのポイント!

 

朝の目覚まし代わりにスムージーを飲む方も多いと思います。旬のフルーツや野菜を使った作りたてのスムージーを口にすると目もぱっちり、体もシャキッとします。ある程度お腹も満たされますから、仕事や家事にパパッと取りかかることもできますよね。しかも作り方も簡単です。その日の気分で、使いたい食材をミキサーに入れ、スイッチを入れるだけでできてしまいます。

ですが簡単にできるからこそ、その作り方のポイントをおさえておくことも大切なのです。

1つ目のポイントはフレッシュな食材を使うことです。

フルーツや野菜というの新鮮なものほど栄養価が高いのです。また旬の食材であれば、お手頃価格で手に入れることもできますし、季節感も感じられます。無農薬のもので、かつ皮ごと食べられる食材であれば、皮をむかずに使った方が栄養価も高くなるのでおすすめです。

 

2つ目のポイントは、食材の組み合わせ方を工夫することです。

どれとどれを組み合わせるか、考えるのもスムージー作りの楽しみですよね。たとえば、苦みやクセがあったり、食べるのが苦手な野菜であれば、りんごや柑橘類と組み合わせることで飲みやすくなります。また、牛乳やヨーグルトなどを加えれば、たんぱく質の摂取もできて栄養価もアップします。

 

3つ目のポイントは、砂糖などの甘みを加えるのは最小限にすることです。

スムージーは野菜やフルーツの自然な甘みでいただくのが一番だと思います。それに、甘みを加えなければその分だけカロリーも抑えられます。ただ、甘みを少しだけ加えることで飲みやすくなることもありますので、そういった場合には、はちみつ・オリゴ糖・メイプルシロップなどビタミンやミネラル分が豊富なものを選ぶと良いと思います。
スムージー9
このように作り方のポイントをしっかりとおさえ、自分の好みに合う、また栄養バランスの良いスムージー作りができたら最高ですね。