バナナ好きなら!苦手野菜もバナナを含めたスムージーで美味しく美肌に

 

美容のためにスムージー生活を始めたものの、おすすめの野菜ばかりのスムージーでは飲みにくい・・・。
そんな「味」に困って続けられないスムージーを、バナナとメープルシロップで解消します。

 

様々な葉物野菜を取り入れたスムージーは、青汁よろしく飲みにくさが否めません。

甘味やフルーツで調整する方も多いと思いますが、一番のおすすめは「バナナ」です。

スムージー6
バナナは言わずと知れた栄養価が高くエネルギーになる果物。
スムージーでもよく使われていることはきちんと理由があります。
まず、舌に響くような苦みや酸味を和らげ、飲みやすくしてくれます。
バナナ本来の甘みはもちろん、こっくりとした果実が野菜を包んでくれるような味にしてくれます。
鉄分摂取目的の小松菜やホウレンソウ等のアクが強い野菜も、舌に違和感を感じることなく飲み干せるように整えてくれます。
これだけの野菜を取りたいぞ!と思う量に、バナナを一本。
完熟でないバナナを使う際は、メープルシロップを大さじ二分の一〜一程度加えるとより飲みやすくなります。
メープルシロップははちみつよりもカロリーが低く、カルシウムやカリウムなどのミネラルは多く含まれています。
ミネラルの補給は美肌に最適。
積極的に補給して肌のターンオーバーを促しましょう。

また、メープルシロップは、はちみつと異なり煮詰める段階で殺菌されているため、乳幼児と一緒にスムージーを飲む場合も安心して飲むことが出来ます。

■基本のスムージー
バナナ 1本
メープルシロップ 大さじ1
冷水or牛乳or豆乳 100ml
※お好みでレモン汁数滴
■基本のスムージーに追加 6パターン
(1)こまつなまたはほうれん草 2束
(2)ゴーヤ 3〜4cm
(3)ベビーリーフ 1袋
(4)ピーマン 中2コ
(5)パセリ(茎は除く) 片手に一杯
(6)キュウリ 1本、レタス 1枚

勿論粉末青汁も基本のスムージーに加えるだけで格段に飲みやすくなります。
食べにくい野菜をバナナスムージーにして、美味しく美肌を目指しましょう!